新型コロナワクチンの予防接種

地域に笑顔と感謝を届けたい💕

訪問看護ステーションあかね亭・管理者の松葉です。

コロナの感染は収まらずに、緊急事態宣言も延長されましたね。

3月には解除されるのでしょうか。そして

厚生労働省は、新型コロナウイルスのワクチン優先接種対象に

訪問看護師も含めることを発表しましたね。

 

訪問看護は、直行・直帰も可能ですし、事務所でスタッフ全員が集まることも避けられるので、

比較的感染が広がりにくい分野ではあります。

 

しかし、ワクチンを接種することで、より感染リスクが減るのであれば

早急にお願いしたいところではありますが、、、

心配なのは、そのワクチンの安全性ですよね。

副作用の調査はどうしているのか調べました。

 

・先行的に接種を受ける1~2万人程度の医療従事者の方を対象に、接種後一定期間(約1か月)に起こった症状・疾病に関する調査を行います。この調査によって、接種部位の腫れ・痛み、発熱、頭痛など、様々な副反応の頻度など調べ、皆様に情報提供する予定です。調査結果が分かり次第、お知らせしていきます。

 

つまり、私達医療従者で副反応をみましょう。という段階ですね。

 

正直ちょっと怖いです。😨

 

海外の副作用の報告をみると

「海外では、アレルギーのある人は接種を受けていますか。アレルギーのある人は副反応が起きやすいのですか」との問いには、アメリカでファイザー社の新型コロナワクチン接種後に報告された、アナフィラキシーの件数は、2021年1月18日時点で50例(接種回数は994万3247回)だったと回答。

50例のうち、74%が接種後15分以内、90%が接種後30分以内に症状が現れた。また、80%にアレルギーの既往が、24%にアナフィラキシーの既往があったと報告されているともした。
まあでもコロナに限らずどのワクチンも

安全が100パーセント保障されているものはありませんからね。。。

新型コロナワクチン接種についての詳しい情報は、1月22日から公開されている内閣官房のウェブサイト内、「新型コロナワクチンについて」に詳しく公開されています。

こちら←

 

私達が日常的にできること

マスク・手洗い・うがい・消毒・密にならない、必要時防護服着用

以外にも

個人の免疫力を高めることも重要ですよね!

食事・栄養・適度な運動・睡眠・生活リズム

あとは

ストレスを解消すること。

良く笑う・大好きな事をする・スポーツをする・適度に遊ぶ。話す・歌う・飲む!

建設的な方法でストレスと上手く付き合っていくのも免疫UPには必要ですよね♪

 

新しい分野のお仕事を始めるとき。新しい環境・引っ越し。

新鮮でワクワクで緊張で不安で、

本当に自分でも感じてないところでストレスが貯まっているものです。

無理せずいきたいところです。

コロナ禍でなかなかみんなでワイワイともいかない世の中ですが

その中でも楽しめる方法、面白い事もみつけて乗り切っていきたいです✨

 

面白がる人は、なんでも面白い。なんでも不満を持つ人は、どんなにお金があろうと不満だもんね(『SWITCHインタビュー』’14年4月12日)

“遊びの達人”である所ジョージはそう語っている。

————————————————————————————————

 

こんな世の中ですが、不幸だと思うか幸せだと思うかは自分次第ですよね。

 

本日もご既読ありがとうございました😊

 

 

Follow me!